2017年12月13日

『いつかのクリスマスの日、きみは時の果てに消えて』

瀬尾つかさ 先生が贈る新作は、謎の猛火に襲われた街で死にかけた少年が不思議な生物に
助けられ、過去を改変する機会を得たことで究極の選択を迫られる顛末と結果を描きます。
(イラスト:椎名優 先生)

http://ebten.jp/eb-store/p/9784047348899/


ホーキンス大災厄で不思議生物ニムエと共生する日々を過ごす“悠太”。同じ境遇にいる
“恵”と出会い、彼女の亡き親友が「ニムエが2体いれば何かが起こる」と言及していた
ことを知る。その力で過去に飛んだ彼が出会った少女こそ件の親友“玖瑠美”だった──。

何か悟っていた“玖瑠美”。次第に心惹かれていく“恵”。過去に飛ぶための条件も掴み
大災厄と呼ばれる過去の猛火を無かったことにすべく、僅かに会える“玖瑠美”に全てを
託した“悠太”が過去改変に成功したかと思えば、今度は“恵”が死んだ世界線が訪れる。

好き同士となった“悠太”と“恵”が居る世界は“玖瑠美”の犠牲がなければ得られない
のだろうか。選ばなければならない道に葛藤し、最終的に彼がどんな結末を迎えるのかを
見届けてほしい物語。ちょっと不思議で、切なくて、心温まるステキな単巻作品でした。

posted by 秋野ソラ at 01:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181827073
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック