2017年11月20日

『美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!!2』

春日部タケル 先生が贈るクリエイターたちの熱血ラブコメ。第2巻は“天花”の新作に
あてがうイラストレーター選びから“清純”の周囲がリアルでラブコメ状態に陥ります。
(イラスト:MikaPikazo 先生)

http://sneakerbunko.jp/bookdetails/?pcd=321704000389


容姿端麗で売れっ子な“ソレイユ”、傍若無人で実績もない“歪凶魔”。イラストレーター
2人によるコンペが突如として始まる展開の中で絵を描いて生業にすることの矜持や苦労を
垣間見せるところから今巻も飛ばしてきます。“天花”の「選ぶセンス」にも驚かされます。

自分が書く物語に足りない何かを求め試行錯誤、東奔西走する“ひよこ”。付き添う“清純”
が引き合わせた同業者にして専業作家の“暇本”が見せる変態ぶりに一歩引きながら彼女が
示した覚悟に感化された“ひよこ”がまた一歩成長したと感じられる描写が実に微笑ましい。

そんな“ひよこ”の成長を後押しすべく“清純”が打った一手。「彼女」が抱え続けてきた
悩みに真正面から向き合うことで救いの手を差し伸べる結果に繋がったことは褒められても
いいけど怒られても仕方ないですね。更なる誤解の種を生む彼が刺されないことを祈ります。

posted by 秋野ソラ at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181619379
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック