2017年11月17日

『大国チートなら異世界征服も楽勝ですよ? 3 豊富な嫁の力があれば神の試練も余裕です。』

櫂末高彰 先生が贈る異世界召喚ファンタジー。第3巻は“常信”と慈愛の女神との婚姻を
阻止する最高神とのやり取りから始まる「結婚」をテーマとしたドタバタぶりを描きます。
(イラスト:三上ミカ 先生)

http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/book_detail/1595


「七勇神姫」の面々も加わり、ますます騒がしい“常信”周辺の女性陣。そこへ女の敵と
彼を追及する女神“クオーレ”が降臨し、世の女性たちが苦しむくらいならいっそ自分と
結婚しなさいと迫る不条理な言動に女性陣がざわめく、安定した流れから話は始まります。

“常信”を試すべく女神の親であり最高神の“ゼーバ”による数々の試練を難なくクリア
していく彼が結婚に王手を掛けるのを何とかしたいと提示された案が「皇帝正室総選挙」。
そこで 三上 先生に候補者全員分のポスターを描いてもらう贅沢ぶりにまず圧倒されます。

お遊び感ハンパないイベントがやがて内乱の種にまで陥る破目になり、ついに“常信”も
キレました。納得のキレ具合。とは言え正室を決めなければいけないこの事態をどう収拾
つけるのか。落とし所も本作らしさが出ていて面白く、どこまで彼が強がれるか注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181593685
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック