2017年11月03日

『信長の妹が俺の嫁 4 戦国時代で新たな歴史を紡ぐために』

井の中の井守 先生が贈る歴史ファンタジー。第4巻は“治姫”を迎え入れた“長政”が
織田領に出没した「鷹」を狩るため“信長”に同行する様子をあの“家康”が見据えます。
(イラスト:山田の性活が第一 先生)

http://nox-novels.jp/bibliography/20170825-2/
https://novel18.syosetu.com/n4165cv/


魔物の登場によりパラレルワールドとしての色合いが増した本作。“長政”が「鷹」に対し
向けた害意、そして感じた心情。濡場とはまた違う彼が見せる一面に不安要素を感じずには
いられません。母のように彼を見守る“帝釈月毛”が何を思うのか、合わせて気になる所。

身重の“市姫”に代わり、という意味も含めて“治姫”を側室に迎えた“長政”。彼の愛に
触れて、その想いにほだされていく“治姫”のいじらしさがもうね。彼女には幸せになって
ほしいと思うと共に“市姫”の嫉妬深さにまた違う可愛らしさも感じます。若干、怖いけど。

“妙”が率いる甲賀の一家を招き入れる“長政”が知る「座敷童」の存在と境遇。自身の
置かれている立場と重ねて革新的な施策が受け入れられるのか、見どころと言えるでしょう。
彼のロリコン疑惑も浮上させた“久”。彼女の教育が問題なく進むことを願うばかりです。

posted by 秋野ソラ at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181464894
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック