2017年10月06日

『妹さえいればいい。8』

2017年10月よりTVアニメが放送開始となる 平坂読 先生の大人気青春ラブコメ。第8巻は
あの「お漏らし」騒動に言及しつつ、“千尋”の心境を揺るがしていく事態が発生します。
(イラスト:カントク 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094516975


自作に訪れた編集部の失態すら話のネタにする 平坂 先生の強かさには敬服するばかりで。
話に織り込むことを了承した編集部サイドも潔い、というか。再発防止には努めて下さい。
その象徴たる変化を示した“土岐”が“千尋”に対して遂にある疑念を持つ契機を得ます。

過去よりも今、ということで自作のアニメ化に尽力する“伊月”。“那由多”との関係も
順調で幸せいっぱい・・・という最中で彼女との力量の差を見せつけられる場面はまだまだ
彼をぬるい気分にはさせません。元ヤリチン王子の“春斗”に春が来るのも同様ですかね。

“土岐”にケツをガン見されたり、うっかり失言しそうになったり、思いがけない称号を
得ることになったり、アレなアイテムを間違って入手したりとしっかりうっかりな“千尋”
が例の件を曖昧にしたことがいつ爆弾として爆発するのか、気になって仕方がありません。

posted by 秋野ソラ at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181201653
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック