2017年09月13日

『魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 3』

手島史詞 先生が贈る、不愛想魔王と箱入りエルフによるラブコメファンタジー。第3巻は
“ネフィ”に似た少女の襲撃、“ザガン”を招待する魔王の登場が新たな騒動に繋がります。
(イラスト/COMTA 先生)

https://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/743.html


「私は、お前だ──呪われネフェリア」黒い“ネフィ”こと“ネフテロス”の捨て台詞が
意味するところは魔王“ビフロンス”から告げられます。彼女を見て少しも“ネフィ”と
感じない“ザガン”が見せる深い愛は今巻も健在。しかも攻めの姿勢も魅せてくれます。

“シャスティル”らが持つ「聖剣」、“ザガン”たちが持つ“魔王の刻印”、更には過去
存在したとされる“魔族”。ここに“ネフィ”の抱える秘密が加わって一つの線を結ぶ。
それを語る“ビフロンス”の人を食うような言動が気に障ると思えばとんでもない余興が

“ネフテロス”に示した“ザガン”なりのお礼。“ビフロンス”に対してしっかり約束を
果たした今回の戦いの落としどころが実に爽快。“ネフィ”も彼の横に立つ身として一つ
成長を見せてくれました。“バルバロス”もいい味だしてるので頑張っていただきたい。

posted by 秋野ソラ at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180980418
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック