2017年07月05日

『モンスター娘のお医者さん3』

折口良乃 先生が贈る、コミカライズ企画進行中なモン娘診察奮闘記。第3巻は“スカディ”
が式典中に倒れてから大手術に至るまでの彼女の苦悩や“グレン”たちの奮闘を描きます。
(イラスト:Zトン 先生)

http://dash.shueisha.co.jp/bookDetail/index/978-4-08-631188-5


“スカディ”の僅かな変化に気付くも一歩遅れた“グレン”。しかし治す気がない彼女、
それを見て歯噛みする主治医にして師の“クトゥリフ”、共に説得して世紀の大手術に
臨もうとする彼の熱意は高いものの、人材不足、機材不足の問題が立ちはだかります。

鍵を握る人物の一人が“アラーニャ”。彼女の本質が露呈する終盤、友情と愛情が交錯
するやりとりは大人の色気にあふれております。もう一人、サイクロプスの“メメ”は
“グレン”の荒療治にほだされ、仕事を成し遂げる様子が挿絵と相まって実に印象的。

竜種の心臓に巣食う腫瘍は取り除けるのか。そもそも“グレン”は“スカディ”を説得
することができるのか。「リンド・ブルム大手術」の手に汗握る緊張感と思いも寄らぬ
結末を、ぜひ読んでご確認あれ。そしてコミカライズ企画を共に応援していただきたい。

posted by 秋野ソラ at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180248566
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック