2017年06月27日

『ストライク・ザ・ブラッド17 折れた聖槍』

三雲岳斗 先生が贈る大人気学園アクションファンタジー。第17巻は獅子王機関の不穏な
動きに動揺する“雪菜”に対し、思いがけない出来事と「偽雪菜」の存在が去来します。
(イラスト/マニャ子 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-892953-0/


後に「IX4」と名付けられる未確認魔獣に“雫梨”の仲間が重傷を負わされ、絃神市国の
長として対応に乗り出した“古城”たち。対峙した魔獣に“雪霞狼”が壊され、機関から
彼の監視役を解任するかも、と告げられ“雪菜”が内心苦悩するのも無理はありません。

そこで登場した“雪菜”そっくりの少女“零菜”。読者からすればどんな存在か一目瞭然
ですが、そこに気付かない“古城”と“雪菜”の様子を眺めていると思わずニヨニヨして
しまいます。“零菜”に壊れたとはいえ“雪霞狼”を盗まれたらそれは敵視もしますわな。

島を出ていく、などと嘯いた“雪菜”への怒り。それを示した“古城”への彼女の報復。
二人のの信頼が伴えば「IX4」を仕掛けてきた者たちも敵ではありません。実に頼もしい。
“ラ・フォリア”は暗躍する者の思惑に気付いたようで、彼女の動向に注目が集まります。

posted by 秋野ソラ at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180167886
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック