2017年06月22日

『十歳の最強魔導師2』

天乃聖樹 先生が描く、十歳少女と仲間たちの魔法学校ライフ。第2巻は“ジャネット”と
“アリシア”の仲を取り持とうとする“フェリス”の周囲で、ある誘拐事件が起こります。
(イラスト:フカヒレ 先生)

http://herobunko.com/books/hero45/6753/
http://ncode.syosetu.com/n6583dj/


妙に達観した“アリシア”の自分に対する素直さ。頑なな“ジャネット”の素直じゃなさ。
対称的で印象深い二人が“フェリス”のひたむきさ、優しさに触れていくことで少しずつ
違った視点を、新しい自分を見つけていく展開に心温まるものを感じました。微笑ましい。

魔術師候補生を狙う誘拐事件の調査に動き出した“ダニエラ”が早速遭遇した不審者の姿。
かの悪意に巻き込まれた“ジャネット”が抱える心の隙間も話を進めていく上で軸となる
展開を見せます。予想以上に吹っ切れた彼女の言動に父か困惑する様子はとても面白い。

ほんわかした日常が見せるコミカルさと「探究者たち」が突きつける非日常のシリアスさ。
いろいろな対比が見どころとなった今巻、“フェリス”の圧倒的な強さと精神的な幼さに
救われたチームメンバーたちが一緒になってどんなお休みを過ごすのか楽しみであります。

posted by 秋野ソラ at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180118842
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック