2017年05月04日

『豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい2』

合田拍子 先生が贈る異世界転生ファンタジー。第2巻は王室から守護騎士選定試験の参加
要請を受けた“スロウ”が“アリシア”と共に向かう先でいわくつきの人物に出会います。
(イラスト:nauribon 先生)

http://www.kadokawa.co.jp/product/321611000764


盗賊団の問題を解決するのが試験内容。それに前のめりな“アリシア”があぶなかっしい
から同行する、という決意を隠して同道する“スロウ”。そんな彼の思いも知らず、一人
言動に振り回される彼女の様子が若気の至り感だらけでもどかしいやら、いじらしいやら。

その試験に関わるイケメンの王室騎士“セピス”が、アニメの中でとてつもない裏切りを
見せると知っている“スロウ”の警戒感たるや。“セピス”の過去も含めて止められない
流れか、という状況をある人物との出会いが原作を変えるきっかけを生む形になります。

この契機がいい意味で予想外の方向に物語を動かしてくれたな、という印象。口絵への
繋がりも「そういうことか」と思い知らされます。王室と公爵家の因縁も少なからず関係
してくる物語がラストで一気に影響力をもたらしそうで、どう続くのか気になる所です。

posted by 秋野ソラ at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179640562
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック