2017年04月28日

『おとぎの森の幼女姫』

「白好出版」の募集企画に応募した 時野つばき 先生の作品が登場。王位簒奪を狙う卿に
国を追われた姫を騎士とドラゴンが守り、取り戻す手助けをする「大人のおとぎ話」です。
(イラスト:今野隼史 先生)

http://blog.hakkoushuppan.co.jp/article/175392158.html


「ララ・リリア姫を我が妻に!」そう公言し王位継承だけを狙う野望卿“ジークフリート”。
最後の騎士となった“ギデオン”と共に黒い森へ逃げ込んだ姫は博識なドラゴン“スパイク”
と出会う。境遇を理解した彼と休戦し卿に立ち向かうことを誓う。そう「姫のために」──。

野望卿が姫と同じ7歳の少女を無差別に攫う外道ぶりを見せたから話は一気に動き出します。
卿に手助けする魔女“イーニス”が意外な人物と繋がりがあったり、卿の娘“ミーガン”は
感情を奪われながらも含みはあるようで、立ち向かう姫たちをあの手この手で阻んできます。

物語の基礎部分がJGCに起因するらしくTRPGっぽい雰囲気は確かにあるかと。“ギデオン”が
かつての仲間と対峙する場面と構成は特に印象に残っています。ド派手な空中戦もこの組合せ
だからこそ。最後まで「姫のために」尽くす彼らに読み終えた後も好感が持てる内容でした。

posted by 秋野ソラ at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179576472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック