2017年04月14日

『君に恋をするなんて、ありえないはずだった』

筏田かつら 先生の「小説家になろう」投稿作『眼鏡とあまのじゃく』を改題して書籍化。
非モテな根暗男子とモテ女なギャル、違いすぎる2人によるすれ違いラブストーリーです。
(イラスト:U35 先生)

http://tkj.jp/book/?cd=72702901
http://ncode.syosetu.com/n8486bk/


「結構かわいい」クラスメイトの“恵麻”を見てそう思った“靖貴”。ある日、資料集が
必要になる授業でそれを彼女が忘れたと気づいた彼は「見ますか」と提案するもあっさり
無視される。辱められた彼女には二度と関わるものか、と彼は決めたはずなのだが──。

高校三年生の夏合宿、避け続けていた“恵麻”の困っている場面に出くわした“靖貴”が
声をかけてしまった所から彼女と関わりあう場面が増えていく。彼女の真意は何なのか、
そんな自分は彼女に対しどんな感情を抱くのか。二人の嘘と本音の交錯が実にもどかしい。

いつの間にか周囲からは「仲が良い」「付き合ってるんじゃないの」と噂される“靖貴”
と“恵麻”。それに合わせて「悪い噂」が浮かび上がり、巻き込まれてしまう“靖貴”。
うそつき少女がもたらす引きが凶悪すぎるので続きを早く出してください宝島社文庫さん。

posted by 秋野ソラ at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179424605
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック