2017年03月10日

『機甲狩竜のファンタジア2』

内田弘樹 先生が贈る戦車と竜が織りなす機甲幻想譚。第2巻は森に棲むエルフと彼女らが
持つ戦車と共に挑む遺跡の調査の中で“サツキ”がひた隠しにしていた過去と向き合います。
(イラスト:比村奇石 先生)

http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=321604000579


竜災期の到来に備え暴竜種の正体を探る手掛かりを求めて古代文明の遺跡「雲海の塔」に
同道するIV号駆逐戦車ラングとエルフたちの華々しいダンジョンアタックが・・・と思いきや
“カヤーク”から“サツキ”を追及する発言を前に“トウヤ”たちと共に困惑させられます。

そこへきて“フィーネ”の出自が明らかになると共に、背負わされた課題への解決に総員
手助けに回る・・・というか巻き込まれる感じがコミカル。更に“シェルツェ”が抱く想いの
変化と“ヨシノ”の変えてはいけない決意の対照的な機微が年頃の青春を描いてきます。

戦車の圧倒的な力を改めて目の当たりにすると共に、その上をゆくバハムートとどう対峙
するのか。そもそもバハムートとはどんな存在なのか。それが“サツキ”の過去にどう
関わってくるのか。エピローグの副題と挿絵が全てを昇華してくれたことに感嘆しました。

posted by 秋野ソラ at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179041040
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック