2016年12月28日

『ゼロから始める魔法の書VIII ―禁書館の司書―』

2017年春のTVアニメ放映に向けて準備が進む、虎走かける 先生の大人気ファンタジー作品。
第8巻は世界を救うべく北の地にある祭壇を目指す“ゼロ”たちが壮絶な光景を目にします。
(イラスト/しずまよしのり 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-892539-6/


魔女の力を借りてでも任務を全うしたい教会騎士団の隊長“バルセル”と生粋の教会信者
で副隊長の“レイラント”。そりの合わない二人を“ジェマ”が取り持ちつつ悪魔の領地
へと踏み入れてからの不協和音ぶりに苦笑い。“傭兵”と“ジェマ”の気苦労は尽きず。

“ゼロ”の助言に従う者、従わない者の分かりやすい末路を経て辿り着いた領主、禁書を
収集する図書館の“館長”が示す異常なまでの執着に慄きます。“司書”から語られる
事情からすべてを見抜いた“ゼロ”の容赦ない鉄槌に“傭兵”が怖がるのも分かります。

“傭兵”と過去につながりのある“ジェマ”のエピソードと、彼が示した“バルセル”に
対する感情も見所の一つと言えます。幕間で語られる“神父”と“リーリ”の微笑ましい
やり取りに安堵しつつ、そちら側も動きがありそうですので合わせて続きが楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178191992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック