2016年12月15日

『造られしイノチとキレイなセカイ2』

緋月薙 先生が贈るスローライフ・ストーリー。第2巻は“アリア”たちを迎え、家族同然
の日々を過ごす“カリアス”と“フィアナ”に思いも寄らぬ新たな「家族」が登場します。
(イラスト/ふーみ 先生)

http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/697.html


お茶目な面を見せる“ハールート”と“レミリア”との会談に、何やら不穏な世界情勢を
垣間見つつ“カリアス”たちのダダ甘い親子関係を楽しませていただいております。彼も
男としての、というか男の子としての矜持を保とうとしているのが分かって何よりです。

そんな様子を見た“アリア”が幼いながらに下した決断。強くなること、そしてその覚悟
について身をもって示した“カリアス”と“フィアナ”のやりとりが、信頼関係の厚さを
より一層感じさせてくれました、何より格好良かった。けれど進展は緩やか(苦笑)。

“カリアス”たちの冒険に同行する“リリー”が今回美味しいところを度々持っていって
いるのが印象に残ります。幼体の竜“ウィル”を迎え入れて、ますます 緋月 先生らしい
作品として突き進んでいくこの物語。散見される謎がどう明らかになるのか楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178042608
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック