2016年11月17日

『ワールド・イズ・コンティニュー』

『スカイ・ワールド』の 瀬尾つかさ 先生が贈る新作はMMORPGノベル。バランスが最悪の
ゲームに失踪した姉の残滓を感じた少年が、偏ったスキルと無限蘇生を武器に挑みます。
(イラスト:早川ハルイ 先生)

http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=321606000844


七つの異世界から闘神を呼び、何度でも甦る使徒と共に魔物を退け、少しずつ人の領域を
広げる世界「フルシエラ」。使徒の一人として召喚された“浩史”は姉“マリエ”の特徴
をもつ闘神“マクナ”に会う条件、レベル100を目指すが成し遂げたのはごく僅かで──。

セーブポイントのエリアから出るために倒すべきエリアボスに歯が立たず、何度挑んでも
死に戻るが故に自壊死を選ぶ仲間に取り残された“ハイシェン”。その少女に生きる術を
与えた“浩史”とその仲間の影響を良くも悪くも受けて成長していく様子が何とも面白い。

錬金術師で弱体魔法特化という、実に難易度の高いゲームスタイルを披露する“浩史”が
“由紀”や“桃子”に頭が上がらない様子に 瀬尾 先生の作品らしさを感じて安心します。
姉が残した伝言の真意を探るべく困難な道のりに挑む彼を待ち受ける物語が気になります。

posted by 秋野ソラ at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177690303
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック