2016年05月23日

『ストライク・ザ・ブラッド15』

三雲岳斗 先生が贈る大人気学園アクションファンタジー。第15巻は「聖殲編」最終章。
絃神島を滅ぼすと決めた聖域条約機構に対し“古城”と“浅葱”が別々に対抗します。
(イラスト/マニャ子 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-865944-4/


“グレンダ”の身を確保すべく聖域条約機構から遣わされた“アラダール”。真っ向から
抗う今の“古城”では勝てないと“イブリスベール”に教えを乞う結果として得た助言、
その意味が彼を第四真祖として更なる成長を遂げる熱い決闘、逆転劇を魅せてきます。

その戦いを“凪沙”が見届けてしまい、遂に“古城”が何者であるかを知るに至ります。
彼を助けるべく力を使う彼女、そしてアヴローラ。助けられるのか、それとも同じ過ちを
繰り返してしまうのか。“古城”の導き出せた答えには胸を熱くするものがありました。

何の因果か“古城”たちと対立することになった“浅葱”が“雪菜”と腹を割った喧嘩を
繰り広げたり、いよいよ報われる時が来たりと微笑ましさを覚える中、“ヴァトラー”と
「わたしたちの聖戦」に臨む2人の強さがやはり最大の見所。第二部の到来を待望します。

posted by 秋野ソラ at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175395647
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック