2016年04月29日

『堕天のシレンIII』

上月司 先生が贈る、次世代ヴァーチャルゲームを舞台とするバトルアクション。第3巻は
相手を一撃で撃破できる能力をもつ最強最悪の敵に“朱音”が挑む、最後の戦いを描きます。
(イラスト/さんた茉莉 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-865887-4/


“澪”を破るものの瀕死状態の“朱音”を、仇討ちとばかりに強襲する“陣”。荒ぶる彼に
待ったをかける男こそチート級の能力を有する“雷河”。“朱音”とも少なからぬ縁がある
という話から彼の壮絶な生き様が明らかとなります。とてつもなく衝撃的で驚かされます。

強敵との戦いを前にコンビを解消されて、彼の背中をただ見届けるしかなかった“桐子”。
助けられたことを契機に共闘することとなった“将輝”から聞いたあるエピソードが彼女に
ある目的を為す気持ちを奮い立たせます。全くもって素直じゃない、彼女らしい行動です。

共闘するとはいえ、能力としては劣るものばかりの“朱音”たちが“雷河”を相手にどう
勝機を見出だすのか。最後まで裏の裏をかく“朱音”の戦いぶりが見どころで、締め括り
も彼ららしいものとなりました。いつかどこかでその後を描く話など見てみたいものです。

posted by 秋野ソラ at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175084779
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック