2016年04月28日

『俺を好きなのはお前だけかよ(2)』

駱駝 先生が贈る「第22回電撃小説大賞〈金賞〉」受賞作のラブコメディ。大反響の中で
刊行される第2巻は“ジョーロ”に新たなラブコメイベントが発生して騒がしくなります。
(イラスト/ブリキ 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-865885-0/


“ひまわり”や“コスモス”先輩、そして“サン”ちゃんとギクシャクしていた関係を
何とか修復したかと思いきや、再び見たことのあるようなシチュエーションから“桧奈”、
“あすなろ”とも呼ばれる彼女に三股疑惑をかけられ密着取材を慣行される“ジョーロ”。

学内注目の行事「花舞展」で踊る女性3人の相手役を務めることになった“ジョーロ”に
更なるやっかみとラブコメイベントが殺到し、“あすなろ”にねつ造記事をばら撒かれる
かと戦々恐々する彼の苦労が絶えません。スクールカーストがここでも作用してきます。

“あすなろ”の思惑に気づいた「彼女」の断罪で窮地を乗り越えた“ジョーロ”。花舞展
も彼の予想を外れる形でまとまり一安心、かと思いきや、まだまだあるのかあの夏の日の
出会いは。ラブコメ主人公ぶりに拍車のかかる彼の苦難はまだ続くようで興味津々です。

posted by 秋野ソラ at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175072375
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック