2016年03月31日

『魔導書作家になろう!3 >それでもみんなで世界を救いますか?(はい/いいえ)』

岬鷺宮 先生が贈るファンタジーお仕事ライフ。第3巻は魔導書による精霊たちへの高負荷
に対して人類滅亡を求められた“アジロ”たちが、魔導書作家としての真価を問われます。
(イラスト/こちも 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-865830-0/


モンスターが大量発生して困っている港町へ助力に向かえば、夫婦の旅行と間違えられる
“アジロ”と“ルビ”。そんな穏やかな空気を一変させてしまう“クルミ”から告げられた
5年前に“タナトス”が仕掛けた世界滅亡の危機と酷似している、という話から流れは急変。

あの時から“ルビ”や“クルミ”が魔導書に託した想いは、ねじれた形で再び精霊たちを
苦しめていると知った“アジロ”。それでも魔導書の可能性を信じる彼が“タナトス”から
提示される無理難題を“ネイム”や“クーチェ”も交えて解決に尽力する姿に惚れ惚れ。

そもそも魔導書作家を目指す一因となった“アジロ”の身上に関する事情も、副次効果で
丸く収まってまさに人生、順風満帆といった未来を予感させる締めくくりも良かったです。
“ルビ”も最後まで可愛らしさあふれる姿を見せてくれました。完結お疲れさまでした。


#(参考)

#◆岬鷺宮 先生が「魔導書作家」シリーズで救われたこと - Togetterまとめ
#【 http://togetter.com/li/949628

posted by 秋野ソラ at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174707366
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック