2016年02月04日

『異世界薬局 1』

「小説家になろう」にて 高山理図 先生が公開する人気のWeb小説が満を持しての書籍化。
過労死した有望な若き薬学者が異世界の宮廷薬師の息子に転生し現代医学で無双します。
(イラスト:keepout 先生)

http://mfbooks.jp/3585/


幼少の折、難病を抱える妹の最後を看取った“薬谷”が二度と自分のような悔しい思いを
する人たちが出ないよう、あらゆる人を救うために薬学の研究に没頭しすぎて過労死する
という何とも切ない導入。その情熱を異世界で果たそうとする気概に熱いものを感じます。

少年“ファルマ”として転生した“薬谷”が現代医学と照らし合わせて、間違っていると
認めざるを得ない決定的な瞬間を目の当たりにし、ついに決断を下してからの激動の展開
がまさに現代医学の知識でチートする、という一風変わった爽快感を味わわせてくれます。

そんな“ファルマ”を後押しする異世界らしい能力、左手の物質創造、右手の物質消去や
その他あれこれがメリットとして扱われる時もあればデメリットと見なされることもある
異世界ながらの事情も見所の一つ。それ故のラストの不穏な動きがどう繋がるか注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
内容が、細かく闘病している私にはバイブルです。
Posted by koguma009 at 2016年02月04日 00:22
内容が、細かく闘病している私にはバイブルです。
Posted by koguma009 at 2016年02月04日 00:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173380598
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック