2016年01月20日

『サムライ・オーヴァドライブ ―桜花の殺陣―』

『エスケヱプ・スピヰド』の 九岡望 先生が満を持して贈る新作は刀剣バトルアクション。
現代世界を左右する程の力を持つ刀剣を受け継いだ少年少女たちの苦悩や葛藤を描きます。
(イラスト/枕狐 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-865569-9/


持ち主の血を混ぜた緋鋼で製造された刀剣は驚異的な力を発揮すると共に暴走の危機をもつ
諸刃の存在。刀剣好きか高じて刀剣回収官となった少年“方助”はある契機からある刀剣の
使い手と運命的な出会いを果たすが、とても使い手には見えないほど気弱な少女だった──。

世間知らずの“鳴”が見せる言動に可愛らしさを覚えて間もなく“ハインツ”なる謎の妖刀
を扱う剣士に襲われる彼女。その場で魅せた彼女の実力は目を疑うほどだが、紛うことなき
真実。そのギャップはなぜ生じるのか。彼女がこれまで生きてきた背景に秘密があります。

“ハインツ”の裏にいるという犯罪組織、そして彼自身の思惑が予想外の展開を見せていく
話運び、何よりも刀剣を主体とした熱いバトルの数々で楽しませてくれる作品です。刀剣が
好きなのにそれを扱えない“方助”がどんな秘密をもって物語に関与するのかが楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172317277
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック