2016年01月08日

『征天の無双神器』

坂本一馬 先生のデビューを飾る本作は、人型兵器「神器」の少女と彼女が持つ潜在能力を
引き出せる少年が、人類を脅かす機械天使たちに立ち向かう豪快バトルアクションです。
(イラスト/七六 先生)

http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/640.html


幼少の折、黒い機械天使との戦争に巻き込まれて肉親の命を奪われた“蓮”。生き残った
彼は敵と戦う術を身につけるべく、助けてくれた“エリー”と姉弟のような関係を築くが
彼女は宇宙から来た生命体「神器」、それも最強の第一世代という稀有な存在だった──。

“蓮”との過剰なスキンシップを求める“エリー”のかわいらしい様相とは裏腹に、その
背負う背景は実に重い。彼女を執拗に狙う“レイア”とのやりとりを受けて彼が彼女たち
とどう向き合っていくか、その姿勢にご注目。それを描く 七六 先生のキャラとメカにも。

“美希”や“武雄”あるいはその相棒たる神器といった、神器パイロットを養成する機関
のライバルたちが見せる思い、感情といった部分も見どころ。思わぬ激闘の末に平穏な
日常を取り戻した“蓮”たちが大いなる思惑の上でどう立ち回りを見せるのか楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171467457
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック