2015年11月05日

『女子寮の寮長になった俺は、ご当地女子と青春できるだろうか』

『ドラゴンクライシス!』の 城崎火也 先生が「ダッシュエックス文庫」から贈る新作は
女子寮の管理人となった少年が上京してきた少女たちと交流を図る青春グラフィティです。
(イラスト:マニャ子 先生)

http://dash.shueisha.co.jp/bookDetail/index/978-4-08-631078-9


実家を出て奨学金付き、寮付きの高校に進学した“春人”。入寮した男子寮がボロすぎて
1日目にして崩壊する憂き目を見る彼に提示された代替案は女子寮の管理人となること。
そんな彼の新生活は、関西弁をしゃべる女の子に痴漢と間違われるところから始まる──。

ということで出足は悪いですが「方言女子って可愛いよね」と思わせてくれる大阪出身の
“璃子”、福岡出身の“菜々美”、沖縄出身の“真帆”と“春人”が仲良くなっていこうと
する流れが微笑ましい。出会った当初から構わないでオーラ全開の“瑞貴”を除いては。

“瑞貴”が頑なに拒む理由は確かに分かりますが、マニャ子 先生のイラストも相まって
めちゃめちゃカワイイですね、コレ。地方文化との触れ合いは良いことも悪いことも含め
色々あるものと気づかされつつ、女子寮の面々は機微をどう変化していくのか楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167140699
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック