2015年09月15日

『いづれ神話の放課後戦争〈ラグナロク〉─魔眼の王と屈服女神─』

なめこ印 先生の新作は、七柱の神々が世界の覇権を争う「神話代理戦争」にまきこまれた
少年が復讐のため、自らその渦中へ飛び込む姿を描く学園ヒロイックバトルサーガです。
(イラスト:よう太 先生)

http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=321506000176


マヤ・アステカ神話、日本神話、インド神話、エジプト神話、ギリシャ神話、北欧神話、
そしてケルト神話。十年前、神々が起こした星を砕きかねないほどの争いを止めるため
人間が取引し、用意した代理戦争が行われる島へ、ある密命を帯びた少年が訪れる──。

調査活動をする中、突如襲われた“ブリュンヒルデ”から思わぬ形で潜入した島の秘密、
そして世界の秘密とも言える「聖餐管理機構」のことを知った“雷火”。ゲスい相棒と
共にえちぃ場面を挟みつつ、真の目的である神殺しに挑む復讐劇の幕開けが興味深い展開。

神の器となる「神格適合者」が意外なところから接触を図ってきたり、後付けで得た能力
の制約条件を踏まえて戦術を組み立てる“雷火”の戦いぶりで一気に盛り上げていく後半
からのラストで見せてきた慈悲の無い現実にどう向き合うのか。彼の動向に注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163611461
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック