2015年05月25日

『英雄教室2』

新木伸 先生が贈る学園ファンタジー。第2巻は国王の提言する「実践的訓練」の名の下に
“ブレイド”たちのちょっとシリアスで大いにコミカルな日常を引き続き描いていきます。
(イラスト:森沢晴行 先生)

http://dash.shueisha.co.jp/bookDetail/index/978-4-08-631045-1


泳げない“ブレイド”のひねくれ方がちょっとお茶目。その練習を拒む強情な彼を泳がせる
ために女性陣があれこれ手を打ちます。成功させたのは「彼女」ということでまぁ納得です。
デスゲームやダイエットの件など、“アーネスト”の残念キャラぶりが心配です(苦笑)。

三つ編みお下げのおとなしそうな女の子“マリア”から相談をもちかけられた“ブレイド”
が直面した心の問題。女医を心配のあまり泣かすほどの窮地に陥った彼の「一般人」化に
今後注目しておきたい所。それにしてもコレも国王の差し金。どれだけ仕込んでいるやら。

更には“ブレイド”と顔見知りの将軍を教官に据えてみればそのオマケで国王自身が抱える
積年の想いを果たしにかかったり、と結構やりたい放題。その分、反撃も食らってますが。
方針の定まった元勇者のスローライフ、今後も安定して読めると思いますのでお勧めです。

posted by 秋野ソラ at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/133821218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック