2015年04月10日

『リーングラードの学び舎より1』

いえこけい 先生の「第1回オーバーラップ文庫 WEB小説大賞・大賞」受賞作。義務教育を
試験的に始めたある王国を舞台に贈る異世界ファンタジー教師物語を読ませて頂きました。
(イラスト:天之有 先生)

http://over-lap.co.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?pid=9784865540178


リーングラード学園で教壇に立つことになった“ヨシュアン”。彼に師事するのを認めない
“クリスティーナ”。彼女によく突っかかる“マッフル”。マイペースすぎる“リリーナ”
と“エリエス”。落ちこぼれ気味の“セロ”。クラスの担任も生徒たちもクセが強いです。

どこか教師らしくない“ヨシュアン”が人に物を教える立場としての意識をいつの間にか
高めていくと同時に、生徒たちもそれに影響を受ける形で徐々に成長の兆しを見せていく。
その象徴とも言える“クリスティーナ”が魅せたラストの場面は感慨深く印象に残ります。

ただ、やはり「新作の第1巻が400ページを超えてくる」というのはそれなりにハードルを
自ら上げてしまっているのでは、と正直思いました。バトルも“ヨシュアン”が少々独特な
立ち回りを見せるので一癖あります。まずは成長モノが読みたい方に推奨、ということで。

posted by 秋野ソラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118009916
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック