2015年03月31日

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典3』

羊太郎 先生が贈る超破天荒新世代学園アクションファンタジー。第3巻は“リィエル”が
“ルミア”の護衛として学園に編入することで“グレン”の悩みの種が尽きなくなります。
(イラスト:三嶋くろね 先生)

http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=321412000058


常深アオサ 先生によるコミカライズもスタートする、ということで「ファンタジア文庫」
の屋台骨を支える「次なる玉」になることは間違いないでしょう。今回、水着回を迎える
本作を支える 三嶋 先生のイラストも素晴らしいですし、このまま突き進んでほしいです。

さて、本編は“グレン”一筋の“リィエル”が引き起こす問題行動の数々と、その根底に
ある彼女の記憶に隠された闇に少しずつ触れていくことになります。護衛対象の“ルミア”
そっちのけで(苦笑)。彼も彼で色々とあった過去を垣間見せる形になったりもします。

“システィーナ”や“ルミア”たちの粘り強いコミュニケーションの取り方が功を奏して
“リィエル”の精神面を成長させていくことに成功・・・したかと思いきやまさかの衝撃的な
引き具合。これは続きが気になって仕方が無いパターンじゃん、と待ち遠しさが募ります。

posted by 秋野ソラ at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115942574
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック