2015年03月26日

『ガーリー・エアフォースII』

夏海公司 先生が贈る戦闘機×美少女ストーリー。第2巻は“グリペン”の足手まといに
なっているのではないかと悩む“慧”の前にこれまたクセのある戦闘機美少女が現れます。
(イラスト/遠坂あさぎ 先生)

http://dengekibunko.dengeki.com/newreleases/978-4-04-869187-1/


先の小松基地防衛戦を経てアニマ・ドーターを一極集中、維持運用することに利を感じた
上層部の思惑から新たに配属となった“ファントム”。型落ちの機体と侮って臨んだ訓練
にて完敗した“イーグル”たちとの間に協調性が感じられず、“慧”は頭を抱えます。

「人類の救済」を最優先事項とする彼女の行動原理は突飛であり、戸惑いを隠せないのも
事実ではありますが理には適っているし実力もある。対して自分たちは力不足、と感じて
悩みに悩んだ末に起死回生な策を思いつき実行する“慧”に敢闘賞をあげたいと思います。

“イーグル”はあんなにチョロくて大丈夫か、とか“明華”の気持ちの報われないっぷり
が半端じゃない、とか思うところもありつつ“ファントム”がつぶやいた最後の一言が
とても気になる今日この頃。今巻も読みやすいテキストでした。次巻も楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115686652
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

夏海公司 『ガーリーエアフォース?』
Excerpt: JUGEMテーマ:読書感想文    ◆  ガーリーエアフォースシリーズ   前漢の最後に登場した..
Weblog: こみち
Tracked: 2015-11-18 17:40