2015年01月01日

『棺姫のチャイカXI』

榊一郎 先生が贈る新世代ファンタジー、本編完結となる第11巻は禁断皇帝“ガズ”による
神の討滅後に提案された新たな世界への導引に“トール”たちがどう対応するか注目です。
(イラスト:なまにくATK 先生)

http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=301312000263


「乱破師(サバター)」に限らず傭兵などもそうですが、戦争終結が失業に繋がるという
業を背負っているだけに“ガズ”が提案する三国統治による三すくみ状態で恒常的な戦乱
の世を作る話はある意味、魅力的でしょう。世を変えたいと願った“トール”にすれば。

けれど“チャイカ”と出会い、生きる意味を知った今の“トール”からすれば世迷言で
しかなく、意を同じくする“ジレット”らと共闘して果敢に挑む姿が熱いです。“シン”
と対峙した“アカリ”が告げたセリフの端々に全ての真意が滲み出ていると感じました。

“紅チャイカ”もすっかり殊勝な感じでいじらしさを見せてくれているだけに、あの最後
から続く“トール”と“チャイカ”、そして“フレドリカ”たちの未来に幸あらんことを
願わずにはいられません。ひとまずは無事完結、ということで心よりお祝い申し上げます。

posted by 秋野ソラ at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/109389279
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック