2014年07月16日

『エンド・リ・エンド1 退屈で無価値な現実から、ゲエム世界へようこそ。』

『丘ルトロジック』で注目を集めた 耳目口司 先生が作家として舞い戻ってきて贈る新作。
現実に絶望した少年が悪魔の囁きに乗って理不尽なギャルゲーの世界に放り込まれます。
(イラスト:ヤス 先生)

http://www.sneakerbunko.jp/bookdetails/index.php?pcd=321403000168


白いベッドの上でギャルゲーをプレイしていた少年が、自分は画面の向こうにいる彼女が
「主人公」に好意を寄せているところを見せられている観客なのだとふと気づいて絶望し
悪魔がGMを務めるギャルゲーの主人公“御代田侑”に転生する場面から話は始まります。

このゲームにおける主人公の勝利条件は「自分と同じように転生してきたヒロインを1年
以内に探し出し、付き合うこと」。出来なければ元の世界に戻される、という恐怖感に
苛まれながらも“侑”は望んでいた「普通の生活」をゆるふわに謳歌していきます。

そうは問屋が卸さない、と悪魔“ルーニー”が仕掛けてくる追加ルールの思惑に嵌められ
「好き」という感情を弄ばれる“侑”。ヒロインではない魅力的なNPCの少女たちを好き
になり続けさせられるであろう絶望的なゲーム世界に未来はあるのか。展開に注目です。

posted by 秋野ソラ at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101720026
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック