2022年10月04日

『王様のプロポーズ3 瑠璃の騎士』

橘公司 先生が贈る新世代最強の初恋を描くファンタジー。第3巻は“瑠璃”に本家から
婚姻決定の知らせが舞い込み、“彩禍”も巻き込んで不夜城家の秘密に触れていきます。
(イラスト:つなこ 先生)

https://fantasiabunko.jp/product/202109propose/322205000950.html


あれだけ“彩禍”に熱を上げる“瑠璃”が本家へ戻った途端に結婚、中途退学すると宣言。
この急展開に〈虚の方舟〉学園長も務める不夜城家の当主“青緒”が何を仕掛けたか探る
ために“無色”が乗り込む、のは順当としてそこが「女子高」というのは文句ない話運び。

不自然な言動を示す“瑠璃”にショック療法で臨む“無色”の肝の据わり具合が面白くて。
“青緒”の思惑に気づいた“黒衣”が示す本音にしっかり向き合う彼の言動が凛々しくて。
その彼に“瑠璃”がどんな覚悟をもって今に至ったかを知ることが出来たのも印象深くて。

不夜城家の「婚礼の儀」が示す真意を知った“無色”、そして“瑠璃”が“青緒”に対し
投げかけた想いの数々は熱量に溢れていて見どころの連続。結果として“瑠璃”にも色々
誤魔化しが効かなくなってきた上でのあのラストも良かった。続きも引き続き楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル