2021年11月17日

『こんな可愛い許嫁がいるのに、他の子が好きなの?』

ミサキナギ 先生が贈る新作はラブコメディ。恋人とのデートもままならない貧乏苦学生の
少年が突如あらわれた許嫁を名乗るセレブ美少女の登場で色々翻弄される顛末を描きます。
(イラスト:黒兎ゆう 先生)

https://dengekibunko.jp/product/322108000025.html


高校生となった“幸太”に対し、自分は許嫁だと突然現れた“クリス”。耳を疑う彼だが
「カジノ王と十年前に約束した」と今更言う父は貧乏ラーメン屋の再建に繋がると乗り気。
交際相手がいるぞ、と言う彼に“クリス”は婚約解消同盟を組んで応援してくれるが──。

“幸太”のカノジョである“氷雨”は中々に気難しい才媛で、なんで彼と交際しているか
不思議なところ。その理由は“クリス”の後押しもあって徐々に明らかとなっていくワケ
ですが、彼女に思いっきりウラがあることに彼が気づかず話が進んでいくのが面白い展開。

“幸太”も朧げな思い出、“氷雨”が見せていない過去、手練手管を弄する“クリス”が
常にリードして話を進めていくことで望み通りの結末に辿り着けるのか。その落とし所も
興味深く“幸太”はどの道を選ぶことになるのか気になります。続きに要注目の作品です。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル