2021年11月08日

『六畳間の侵略者!? 39』

健速 先生が贈る人気シリーズ。通算41冊目は吉祥春風高校に留学生第二陣を迎え入れる
準備に追われる“孝太郎”たちに隠れて“灰色の騎士”が彼らの気になる点を探ります。
(イラスト:ポコ 先生)

https://firecross.jp/hjbunko/product/1409


代表スピーチを担当することになって戸惑いを隠せない“ナルファ”が“琴理”の指摘も
あって“孝太郎”を異性として意識することで更にあたふたする姿が見ていて微笑ましい。
「恋愛がピンとこない」という“琴理”の距離感も安心感を覚えますが先々どうなるやら。

“ナルファ”と“琴理”の仲睦まじい様子も観察対象とする“灰色の騎士”。彼が元いた
世界との違いを探る過程で“ナルファ”の存在が大きな意味を持つことを“孝太郎”らは
まだ知らない。“灰色の騎士”がアドバンテージをどう活かして圧倒しにかかるか見もの。

“クラン”のちょっとムッツリ感ある振舞い、“キリハ”のどさくさ紛れな憧れ実現には
こそばゆさを感じつつ。“ゆりか”らしさ溢れる戦法や“早苗お姉ちゃん”の奮闘ぶりに
目を見張りつつ。場をフォルトーゼに移して話はどう動くか、大台に乗る40巻を待ちます。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル