2021年09月02日

『また殺されてしまったのですね、探偵様』

てにをは 先生が贈る新作は、伝説の名探偵を父に持つ半人前の高校生探偵が殺されても
生き返る特異体質を活かし、数々の殺人事件、7人の大罪人に臨んでいくミステリーです。
(イラスト:りいちゅ 先生)

https://mfbunkoj.jp/product/tanteisama/322104000807.html


浮気調査のため、映画会社が用意した豪華客船に乗り込む“朔也”と助手の“リリテア”。
内偵を続ける中、首吊りの遺体を発見してしまった彼は後ろから犯人に喉元を刺され絶命。
その一時間後、蘇る彼を膝枕する彼女から呆れつつも愛のある例の言葉を掛けられる──。

殺された瞬間の情景を覚えている、という“朔也”の利点を活かし犯人を追及する展開は
小気味良く、中編3つで1冊に纏める構成の手助けにもなっているのでは、と感じました。
何だかんだ言いつつ彼に献身的な“リリテア”が見せる地の部分も可愛くてポイント高し。

名探偵としてどれだけ優秀かも掴み切れない父“断也”の生死。世界を騒がせた罪人たち
「最初の七人」の脱獄が示す凶事の予兆。“朔也”が遭遇する事件に何かとかかわる刑事
“漫呂木”や新人女優“ゆりう”との奇縁など、気になる要素も満載で続きが楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2021年09月01日

『転生王女と天才令嬢の魔法革命4』

鴉ぴえろ 先生が贈る異世界百合ファンタジー。第4巻は魔学の研究と魔道具の開発に専念
する“アニスフィア”と、彼女を支えるべく王となる“ユフィリア”のその後を描きます。
(イラスト:きさらぎゆり 先生)

https://fantasiabunko.jp/product/202001mahoukakumei/322104000834.html


“ユフィリア”が「食事」をするためにも共寝する“アニスフィア”の手玉に取られる姿
には思わずニヨニヨさせられます。そんな2人のやり取りからは互いの愛情だけでなく、
夢を託せる信頼関係が窺えて実に羨ましい。戴冠の場面には感慨深いものがありました。

“アニスフィア”が夢見る「魔法」に恐れすら抱く魔法省、そして貴族の面々に対して
頭を悩ませる“ユフィリア”の苦悩、歩み寄りたい姿勢を崩さない“アニスフィア”の
葛藤。対立ではなく、和解の道を導き出せるかどうかを示した“ラング”も印象的です。

国の命運を左右する顛末の裏で“レイニ”と“イリア”が互いの気持ち、自分の感情を
見つめなおす過程から、更なる尊い絆を組み入れてくる構成も見どころの一つと言えます。
変わりゆく人々が手にする未来が、精霊にとっても幸あることを願わずにはいられません。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル