2021年03月10日

『六畳間の侵略者!? 37』

健速 先生が贈る人気シリーズ。通算39冊目は“孝太郎”に女の子として見てもらいたい
女性陣の葛藤を描く短編3作に書き下ろし中編を収録した「へらくれす編」第6弾です。
(イラスト/ポコ 先生)

http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/948.html


ないものねだりな境遇の対極、“クラン”と“晴海”の機微に触れる「それぞれの秘密」
で“孝太郎”が示した態度には彼の着実な変化を感じました。「ティアとルースの旅路」
においては主従の関係が恋心に変遷していく過程が再起され感慨深いものがありました。

「ころな荘大掃除!」では“早苗”が“静香”のお手伝いをしながら思い出話を重ねる
うちに、ころな荘を通じた両親への愛、一〇六号室であった必然性、求める幸せの形を
浮き彫りにしていく流れが印象的でした。“静香”も報われていくといいなと思ったり。

「海と不器用な男達」では“ナルファ”たちも招きプライベートビーチで海を満喫する
微笑ましい描写から、女性陣が更に一歩踏み出す意気込みを見せつつ、「男達」とした
その意味をドラマティックに演出する「仕掛け」も面白かったです。次巻も楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル