2020年07月31日

『やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく』

霜野おつかい先生が別名義、ふか田さめたろうとして「小説家になろう」に投稿していた
ラブコメディが書籍化。察しのいい少年が毒舌美少女に抱く感情を突き詰めていきます。
(イラスト:ふーみ 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4815606268.html
https://ncode.syosetu.com/n0674fu


「猛毒の白雪姫」とあだ名される美少女“小雪”をタチの悪いナンパから救った“直哉”。
案の定、助けたはずの彼女から毒舌を浴びせられるが、寝たきりとなった母親を看病する
際に身につけた察しの良さで彼はその本音を見破る。彼女は羞恥のあまり逃げ出すが──。

吊り橋効果さながらに“小雪”が抱く恋心を砕くフラグブレイカーかと思えば、それでも
怯まない彼女に興味を抱き、その感情がどういう意味の「好き」か見極めるため積極的に
絡んでいく“直哉”。グイグイくる要素を男側に持たせたのが功を奏していて面白いです。

“小雪”が見せる様々な表情を描く ふーみ 先生の挿絵が見事に適合していてまたお見事。
彼女の妹“朔夜”やその両親が“直哉”の人となりを判断する過程も楽しく、サクサクと
読み進めることができます。大団円が確定するのを見届けるその時を待ち望みたい所です。

posted by 秋野ソラ at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル