2020年07月17日

『六畳間の侵略者!? 35』

健速 先生が贈る人気シリーズ。通算37冊目は第五皇女の参戦と共に“ラルグウィン”の
残党拠点を攻撃すると決めた“孝太郎”たちに思いがけない新兵器が立ちはだかります。
(イラスト/ポコ 先生)

http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/910.html


“ヴァンダリオン”の内乱において青騎士に手を貸すことのできなかったお家事情を抱え
援軍として“ネフィルフォラン”。武家の家で育った彼女の実直さと、意外にミーハーな
ところが良い対比で実に可愛らしい。六畳間の面々を見て驚く目線も新鮮で微笑ましい。

対する“ラルグウィン”陣営が用意した霊子力兵器。まだ試作の段階とは言え、青騎士が
見せつけてきた強さの秘密に近づいた点は見逃せない。突然の強襲に動揺する兵士たちの
士気を奮い立たせる統率力や、何より“孝太郎”に一矢報いる戦いぶりは魅せてくれます。

苦戦を強いられながらも六畳間の面々が活躍する姿を見せる結果として“ラルグウィン”
を追い詰める“孝太郎”。因縁の対決もいよいよ決着か、というその瞬間に思いがけない
横槍が。これには読み手としても驚かされるワケですが、新たな敵の思惑に要注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル