2020年05月29日

『EDGEシリーズ 神々のいない星で 僕と先輩のウハウハザブーン〈上〉』

川上稔 先生が贈る、とある惑星の天地創造物語。2話上巻は自転と地軸が定まった惑星へ
水の確保するべく動く“住良木”たちの前に彼のことをよく知る謎の巨乳美女が現れます。
(イラスト:さとやす 先生(TENKY))

https://dengekibunko.jp/product/kamigami/321910000104.html


「日本の形が世界全体の形状に似ている」というシリーズの結びつきに重要な事実を語る
“木戸”の思わせぶりな発言の数々。“住良木”たちと縁を切るつもりの彼女がいつしか
ゲーム部の面々と想いを交わし、彼らの活動に巻き込まれていくチョロさが絶妙な配役で。

巻き込まれる、と言えば“先輩”も“住良木”の振舞いにすっかり毒されてきてポンコツ
要素が高まっているのも可愛らしい。“桑尻”や“バランサー”のツッコミが追いつかず
同情の念を禁じ得ませんが、脱線する話を戻す重要な役割を担うため耐えてもらいたい所。

いきなりゲーム部の面々とバトルを繰り広げた「水妖」という存在が、思いがけず彼らの
テラフォーム作業をも左右する新たな関係を導いていく展開。神話や精霊の関わり方など
興味深く見守りたくなる要素がどう繋がるのか、奥多摩のキャンプを描く下巻を待ちます。

posted by 秋野ソラ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル