2020年03月19日

『転生魔王のジュリエット』

久慈マサムネ 先生が「ファンタジア文庫」から贈る新作は、敵国同士なのに恋仲な男女が
結ばれるとこの世界が滅ぶ魔王の呪いのせいで葛藤する日々を描く学園ファンタジーです。
(イラスト:みやま零 先生)

https://fantasiabunko.jp/product/202002juliet/321910001007.html


“ハルト”と“イリス”は辛酸をなめ合う各々の国の代表者で、学園内の諍いも絶えない。
実は秘密の逢瀬を重ねる間柄で、しかも結ばれたら身に宿す転生体が揃い魔王が復活する
爆弾を抱える関係。催淫をもたらす呪いもあり、恋人と世界どちらを取るかが問題で──。

表では“ハルト”に対して敵意むき出しの“イリス”が、2人っきりときは目をハートに
するほどラブラブな様子を見せるのがまず可愛い。呪いの催淫効果でエロくなる姿も実に
艶めかしい。彼に抱く恋心も呪いのせいではないか、と悩んだりするところもいじらしい。

魔王復活を目論む“サザーク”もイイ味だしてるキャラでコメディ要素にも手抜かりなし。
“ハルト”も“イリス”も実力者でバトルも熱く、見栄えの良いシーンに事欠かきません。
呪いなんて関係ないと宛てもなく息巻く2人に一縷の望みも見せており続きが楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル