2019年11月08日

『芽亜さん、こっち向いてよ』

保住圭 先生が贈る新作はラブコメディ。中学生になる少年が父親から突然に告げられた
同い年の美少女との同居生活の始まりと、そこから広がる様々な戸惑いぶりを描きます。
(イラスト:神岡ちろる 先生)

https://mfbunkoj.jp/product/measan/321904000844.html


父親に憧れて様々な「課題」をクリアしてきた“空也”。許嫁として紹介された“芽亜”
との「新婚生活」も何か意図があると勘繰りつつ、やたら前向きな彼女の動機も気になる。
何かと秘密のある彼女が空回りして恥ずかしがる姿は可愛すぎてそれどころじゃなく──。

表紙、口絵、そして挿絵にもある通り、とにかく“芽亜”の恥ずかしがる姿が何度となく
描写されて、その一つ一つがもう破壊力抜群で。保住 先生の欲望が如実に出ております。
彼女の友人“小鳩”の通い妻宣言からのヤキモチ焼きっぷりも実にお見事な話の振り方で。

“芽亜”の秘密もさることながら、2人が共同生活を始める契機となった“空也”の家の
事情、そして「彼の秘密」も注目する要素の一つ。彼女をリードしようとする彼の本質を
友人たちがどう明かすかも読んで確かめていただきたいです。ぜひ萌え転がってください。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル