2019年10月23日

『妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル』

渡瀬草一郎 先生が贈る新作は大正伝奇浪漫譚。関東大震災の爪痕が残る横浜にある資産家
の邸宅に下宿することになった青年が、都会での生活と妖に対する見聞を広めていきます。
(イラスト:こぞう 先生)

https://dengekibunko.jp/product/321906000025.html


祖父が持つ縁を頼り、郷里を離れ“瀬尾”と共に“夜鳴川”のもとを訪れる“雪緒”青年。
一番の権力者は飼い猫の“ミタマ”様だと言われた厳命を守り居候としての生活を始める。
その彼の寝床に忍び込む若い娘の声で喋る白蛇を目の当たりにして彼が取った行動は──。

妖相手に商売をしている“夜鳴川”の正体を知ってもなお驚くことのない“雪緒”は豪胆
なのか、ただ物知らずなだけなのか。父の“十六夜”が決めた縁談から逃れたい“姫”を
手助けする中で、彼の麒麟児っぷりが分かるのが面白い。あと真摯なのが好感を持てます。

そんな“雪緒”の人柄に惹かれて“姫”だけでなく、数々の妖に好かれ過ぎて身の危険を
覚える様子とかまた好きですね。“鐘寿”の思惑がどう転ぶかとか“蜂月”が何だかんだ
助けてくれる様子とか、脇の見どころもたくさん。実に素敵な大正伝奇浪漫、お薦めです。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル