2019年10月21日

『幼なじみが絶対に負けないラブコメ2』

井冬良 先生による漫画化が決定した、二丸修一 先生が贈る先の読めないヒロインレース。
第2巻は“黒羽”と“白草”も油断ならない“末晴”の妹分である“真理愛”が参戦です。
(イラスト:しぐれうい 先生)

https://dengekibunko.jp/product/osamake/321906000898.html


三者三葉の「やらかした!」な心情を踏まえながら、最悪の状況を打破するために選んだ
“黒羽”の秘策。“末晴”のトラウマを払拭するため、そして何より絶対負けないために
何でもやる彼女の姿勢には目を見張るものが。表紙が指し示す意味も読めば納得できます。

“真理愛”からの熱烈アプローチも気になる中、彼女が繋ぎをつけてきた“末晴”の古巣
からの芸能界復帰提案。彼にとって、そして“黒羽”たちにとってベストな未来とは何か。
突如始まる大勝負に、深慮遠謀が渦巻く展開。老若男女が入り混じる駆け引きは見所満載。

今回、「群青同盟」を結成して状況を俯瞰し続けた“哲彦”。彼の目的と“黒羽”の意図、
それがたまたま合致したから辿り着けた結果ですが、いつか敵に回るかもと思うと怖い。
何より彼女の読みが最強すぎて空恐ろしい。むしろ“末晴”が何に負けないのか注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル