2019年10月07日

『妹さえいればいい。13』

平坂読 先生が贈る大人気青春ラブコメ。第13巻は新興の出版社ブランチヒルに就職して
プロの編集者となった“京”の生活を中心に“伊月”たちの変わりゆく日常を描きます。
(イラスト:カントク 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094518085


TRPGサークルに所属した“千尋”がオタサーの姫と化したのをさりげなく諫める“春斗”。
彼女が抱く冷めることない“春斗”への恋心を知り、彼からの思慕も受け止めた“京”が
出した仕事優先の結論。その相手となるあの作家“和泉”の扱いは考えさせられるものが。

ブランチヒルから“和泉”の新作を出すにあたって彼がごねる描写は「何言ってんだ」と
思いがちですが、彼が頑なな態度を取った要因が“京”側にもある点を“彩音”の言葉を
借りて指摘する、コミュニケーションエラーの実例紹介としても秀逸な内容と感じました。

「主人公になりたい」。“伊月”が“那由多”のためだけに書いた小説は彼女だけでなく
“京”の心も動かし、そして広く世間の読者にも響いていく。作家として、一人の男性と
しても成功を掴む彼、更に彼の周辺は最終巻でどう纏められるのか、見届けたい所です。

posted by 秋野ソラ at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル