2019年06月28日

『ストライク・ザ・ブラッド20 再会の吸血姫』

三雲岳斗 先生が贈る大人気学園アクションファンタジー。第20巻は絃神島の領主戦争を
収束させる鍵となる“アヴローラ”の来訪を受けて“古城”が一つの結論を導き出します。
(イラスト:マニャ子 先生)

https://dengekibunko.jp/product/stb/321812000879.html


“アヴローラ”を連れだした人物の真意も掴めぬまま“古城”の元へと急ぐ彼女。それが
「焔光の宴」と呼ばれる大災害を引き起こすとも知らず、“吸血王”の思惑にしたがって
真祖たちや彼女を護る護衛陣、そして“古城”たちも振り回されていくのがもどかしい。

抑えきれない“古城”の吸血衝動、こらえきれない“雪菜”の涙。全ては“アヴローラ”
という存在を生かすか殺すか、究極の選択肢を求められてしまったが故の葛藤。領主戦争
を仕掛けた“吸血王”の意図もようやく見えたところでそっちも色々あるのが複雑な展開。

“古城”を巡る恋愛模様もいよいよ泥沼な感じで見ている分には実に滑稽な場面で息抜き
もさせてもらいつつ、彼が出した結論は至ってシンプル。しかし、絃神島を巡る争いには
意外すぎる結末で「オレのケンカ」をどう繰り広げていくのか気になって仕方がないです。

posted by 秋野ソラ at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

『千歳くんはラムネ瓶のなか』

裕夢 先生の「第13回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞」受賞作。スクールカーストの
トップに位置する少年が、不登校の生徒を復学させるまでの顛末を描く青春ラブコメです。
(イラスト:raemz 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094517965


高校2年生となった“朔”はクラスの“夕湖”や“優空”と夫婦妾漫才を繰り広げている
と揶揄されつつ楽しいリア充生活を送る・・・はずが担任から不登校生徒の話を切り出され
「なんでもできるみんなのスーパーヒーロー」なら解決できる、とけしかけられるが──。

“朔”が“健太”の家を訪れても頑なな態度を取られ「リア充は糞」とまで言われる始末。
しかしそこに解決の糸口を見た“朔”があの手この手で“健太”を連れ出し、陰キャ脱却
に向けて一肌脱ぐ姿勢は好感が持てます。リア充という存在についても考えさせられます。

とは言え期限付きで支援する“朔”のドライな態度も目に付く中、彼が“健太”に告げた
「自分が描きたい物語の責任は自分でもて」という言葉をどう受け止めてくれたか。その
結末がまた思春期真っ只中で実に熱い。こんな平和な日々が送れるのが羨ましい限りです。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル