2019年06月25日

『お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件』

佐伯さん 先生が「GA文庫」から贈る新作は「小説家になろう」投稿作の書籍化作品。隣に
住む学校一番の美少女から世話を焼かれる自堕落な少年の日常を描くじれったい恋物語です。
(イラスト:和武はざの 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4815602482.html
https://ncode.syosetu.com/n8440fe/


独り暮らしで汚部屋生活を続ける“周”。容姿端麗、文武両道で天使と称される“真昼”。
ある雨の日、彼女が傘も差さずにブランコへ腰掛ける姿を見た彼は普段、交流も無いのに
つい傘を渡し風邪をひく破目に。それを見た彼女は「借りは、返します」と言い出し──。

思いがけず汚部屋を片づける契機を得た“周”は“真昼”の普段とは違う一面を垣間見る
境遇を得ていきます。ドライな関係と2人共に位置づけるお隣さんの付き合いが、徐々に
スキンシップや、ドキッとする仕草につながっていく様子がこそばゆくて思わずニヨニヨ。

周囲にはどことなく後ろ暗い関係を隠していく2人がお節介焼きな“周”の母親や、彼の
友人たちにそれがバレていくことで関係がより深まっていく展開も見どころかと思います。
十全には見えていない“周”の行動原理や背景が今後どう影響するのか注目したい点です。

posted by 秋野ソラ at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル