2019年02月04日

『撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろ ─弾丸魔法とゴースト・プログラム─』

上川景 先生の「第31回ファンタジア大賞・大賞」受賞作。偶然手にした弾丸を使う少年が
引き起こす世界改変と、その弾丸を作った少女が示す世界の秘密について触れていきます。
(イラスト:TEDDY 先生 メカデザイン:鷲尾直広 先生)

http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=321809000755


弾丸魔法。東西の国が争う世界で殺戮の手段として効率化させた魔法を弾丸に込める技術。
士官候補生の“レイン”が直面した仲間の死。仇を討つため握るライフルに使うは銀の弾。
難しい距離から敵を仕留めたと思った瞬間、仲間が生きている日常に突如戻っていて──。

再編成(リプログラム)。撃った相手の全てを世界から消す、という悪魔の弾丸について
語る少女“エア”。彼女の思惑に従って敵国の要人らを抹消しようと決めた“レイン”の
内に秘める激情がまず印象に残ります。貧乏くじを引かされる“アスリー”が少々可哀想。

“エア”たちが世界を夢想していくのか、と思えばそうは問屋が卸さない。悪魔の弾丸と
同じく特別な弾丸を用意できる“エア”のような存在が他にもいて、長い歴史の中で暗躍
し続けているというのだからさあ大変。“レイン”と2人、戦い続けられるのか注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル