2019年01月18日

『蜘蛛ですが、なにか? 10』

馬場翁 先生が「小説家になろう」で公開していた迷宮サバイバル・ストーリーの書籍版。
第10巻は“D”との距離感を見定めようとする“白”が新たな力で暗躍する様を描きます。
(イラスト:輝竜司 先生)

https://kadokawabooks.jp/product/s12/321803001544.html
http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_KS11000007010000_68/
http://ncode.syosetu.com/n7975cr/


“ソフィア”が抱く“姫色”に対する異常な執着心に読み手としても危うさを感じながら
「白」として力を付けつつある彼女が、その上をゆく存在たる“D”に従順するのか否か。
これを見届けるための巻と言ってもよい内容。分体の使い方が彼女らしくて興味深いです。

そんな最中で迎えてしまう「アリエル」としての“岡崎”先生と「鬼」としての“笹島”、
転生者の出会い。抱える想い、正義の姿すら変わってしまった2人を仕込んだのもアイツ
ということで実にえげつない。“姫色”があの態度を示してしまうのにも得心がいきます。

今巻では“魔王”が“姫色”に思いがけない支援をされたりする所から押されっぱなしで
更にはあんな決意表明を受けちゃうあたりの描写は漫談かと思われても仕方がないくらい。
救うのは“魔王”か、世界か。“姫色”が描く未来と現実の差異がどうなるか見ものです。

posted by 秋野ソラ at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年01月17日

『1/2―デュアル― 死にすら値しない紅』

森バジル 先生の「第23回 スニーカー大賞[秋]・優秀賞」受賞作。死んだ人間が一部機能を
失った代わりに特殊能力を得て蘇る近未来の世界で彼らを殺し直す者たちの活躍を描きます。
(イラスト:カスカベアキラ 先生)

https://sneakerbunko.jp/product/dual/321808000422.html


偽生者、即ち生き返った人々を殺し直すための組織で職務を忠実に遂行していく“限夏”。
なのに、組織から紹介された新しい相棒“伴”は偽生者で「死」を失った不老不死の少女。
同僚が偽生者に殺された事件を追うべく組んだ相容れない2人は真相に辿り着けるか──。

“紗束”を殺した“琴崎”の存在と設定が物語を何度か動かしていく話運びがまず面白い。
彼女らを導く“友景”の常軌を逸した思想が見えるにつれて“伴”の不憫さが際立ちます。
「嫌いなものは月とセックス」、“伴”がそう断言するのも納得せざるを得ない状況です。

“伴”の気持ちを知らずに最初は突っかかる“限夏”が次第に彼女のことを思いやるよう
機微が変化していく様子を微笑ましく感じつつ、職務に忠実な理由が作品最大のギミック
となっている点も見どころで、ギリギリまで緊迫感を持たせた展開が印象に残る作品です。

posted by 秋野ソラ at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年01月16日

『日常ではさえないただのおっさん、本当は地上最強の戦神2』

田口一 先生による漫画連載が3月から始まる、相野仁 先生の「小説家になろう」投稿作。
第2巻は帝国での皇位争いで暗躍する貴族らに対する内偵調査を“バル”たちが務めます。
(イラスト:桑島黎音 先生)

https://sneakerbunko.jp/product/wargod/321809000635.html
https://ncode.syosetu.com/n3740ei/


将来に備えて後継者を決めたい陛下の悩み。それは“アドリアン”を推したいのに貴族が
多く味方するのは“リュディガー”の方が多いという点。野心家の多い“リュディガー”
陣営の勢いを崩せないか、と無茶振りされる七級冒険者としての“バル”に思わず同情。

“イェレミニアス”の用意した設定と思惑に乗って、二級冒険者を裏から誘導する形で
内偵を進める“バル”のアシストぶりが今巻もお見事。そんな彼の思惑が“レナータ”の
女の勘によってバレそうになったり、女性陣から注目されたりする描写に思わずほっこり。

“クロード”や皇帝からの揺さぶりにもブレない“ミーナ”の“バル”への想いですとか
“リュディガー”陣営の許されざる悪意に対しても揺るがない“バル”の強さに安心感を
抱ける展開は読了後に爽やかさを味わえます。彼らの休暇を描くという続きが楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年01月15日

『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。3』

しめさば 先生が贈るサラリーマンと女子高生の日常ラブコメディ。第3巻は互いに近づく
距離感に戸惑う“吉田”と“沙優”の前に、それぞれ先を決める鍵となる人物が現れます。
(イラストレーター:ぶーた 先生)

https://sneakerbunko.jp/product/higewosoru/321803000504.html
https://kakuyomu.jp/works/1177354054882739112


“吉田”が高校時代に付き合い、自然消滅という形で失恋した“神田”が同僚になる偶然。
変わらず性についても明け透けな彼女の意味深な言動の数々に戸惑う彼、そして“三島”。
何となく分かってる“沙優”の態度や、それこそ大人な対応を見せる“後藤”とは対称的。

なぜ“神田”が“吉田”に対して再びアプローチを仕掛けてきたのか。それは彼女なりの
恋愛観を描くと共に、彼が彼女というか付き合う女性に対してどんな考えを持っているか
という点を再認識させてあげる必要があった訳ですね。“沙優”との距離感を踏まえて。

だからこそ“吉田”と“沙優”、あるいは“後藤”との今ある関係を見て“三島”が涙を
流し、感情をむき出しにするあの姿がとても切ない。恋愛の難しさをひしひしと感じます。
“吉田”は決めた、“沙優”はどうする、という所であの人が登場。続きが気になります。

posted by 秋野ソラ at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年01月14日

『美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!!5』

春日部タケル 先生が贈るクリエイターたちの熱血ラブコメ。第5巻は業界屈指のカリスマ
編集者に目をつけられた“天花”を救えるのか、“清純”のクリエイター魂が試されます。
(イラスト:Mika Pikazo 先生)

https://sneakerbunko.jp/product/321808000421.html


新レーベルの立ち上げに「棗ソウスケ」としての“清純”へ参加要請をしてきた“鳴海”。
その彼が「サンダル文庫」に乗り込んできて話す業界話が逐一、耳に痛い内容でまず必見。
成長著しい“天花”にも声をかけてくるあたり、抜け目がなくて“清純”が焦るのも納得。

折しも「棗ソウスケ」の存在が“天花”の成長を妨げるのではないかと悩んでいた時期に
“鳴海”がとある囁きからまるで執筆する機械のように彼女を変貌させるのだから一大事。
いや、こんな異能力を編集者が実際にいたらすがりたいくらいですけどね、読者としても。

「究極の創作物」を綴るべく暴走する“天花”に対し“清純”が拳で語らずにペンで語る、
そして分かり合う2人の姿はまるで新人類の誕生を見るかのようで、実に熱い描写でした。
惜しくも今巻にて完結、ということで 春日部 先生お疲れ様でした。次回作にも期待です。

posted by 秋野ソラ at 07:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年01月13日

「好きなライトノベルを投票しよう!! 2018年下期」エントリー


ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン(14)
 【18下期ラノベ投票/9784048939621】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/184277310.html

ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌(2)
 【18下期ラノベ投票/9784049120189】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/184748857.html

いでおろーぐ!(7)
 【18下期ラノベ投票/9784048935166】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/185083877.html

ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット(3)
 【18下期ラノベ投票/9784048939713】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/184287416.html

数字で救う! 弱小国家(3) 幸せになれる確率を求めよ。ただしあなたの過去は変わらないものとする。
 【18下期ラノベ投票/9784049120233】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/184737785.html

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦(6)
 【18下期ラノベ投票/9784040728674】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/185312646.html

天才王子の赤字国家再生術(2) 〜そうだ、売国しよう〜
 【18下期ラノベ投票/9784797399004】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/184560647.html

彼女のL 〜嘘つきたちの攻防戦〜
 【18下期ラノベ投票/9784047352308】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/184400140.html

救世主だった僕が三千年後の世界で土を掘る理由(2)
 【18下期ラノベ投票/9784065143391】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/185211836.html

やがて恋するヴィヴィ・レイン(7)
 【18下期ラノベ投票/9784094517538】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/184589062.html



◆ 好きなライトノベルを投票しよう!! - 2018年下期
 https://lightnovel.jp/best/2018_07-12/

posted by 秋野ソラ at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年01月11日

『暗黒騎士様といっしょ! 〜勘違いから始まる迷宮攻略〜』

『女神の勇者を倒すゲスな方法』シリーズ完結巻と同時に 笹木さくま 先生が贈る新作は
ちょっと裏のあるエルフの少女と一緒に迷宮へ挑む暗黒騎士が抱く夢を追う姿を描きます。
(イラスト:乾和音 先生(artumph))

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4047354309/eb-novel-22


禍々しい鎧と剣を身に纏う“アルバ”が抱く夢、それは都会の一等地に一軒家を建てる事。
外面と内面のギャップが激しい彼に救われた駆け出しの冒険者“ルーファ”は迷宮に潜む
帝国を滅ぼす秘密に迫るべく彼に協力を要請する。彼も彼女も少々勘違いしたままで──。

ということで、今作は迷宮内の敵をばったばったと倒して稼ぎを叩き出していくシステム。
帝国を救いたい、と気概を示す“ルーファ”も動機が純粋でなかったりする設定も重なり
コミカルな雰囲気が特徴。“ガーネット”しか“アルバ”の真意を汲めないのがミソです。

迷宮の秘密、それがこの世界の生活基盤にも関係するとあって“ルーファ”を疎む者たち
に狙われるまでの流れも「なるほど」と思わせてくれる話運びで興味深い。“アルバ”が
これまた抱えている秘密に何度も驚かされる点も注目。しっかり続いていってほしいです。

posted by 秋野ソラ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年01月10日

『女神の勇者を倒すゲスな方法6 「なんと、我と結婚したいと申すか!?」』

笹木さくま 先生が贈る異世界勇者攻略譚。第6巻は“エレゾニア”を倒し混乱する世を
魔王の力と“リノ”の魅力で治めようとする“真一”は彼女らとどう向き合うか注目です。
(イラスト:遠坂あさぎ 先生)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4047354295/eb-novel-22


復活できなくなった勇者たちが尻込みして治安が悪化する隙間を狙いにいく施策ですとか
兵器開発、人材育成といった先々を見据えた対策を実践していく“真一”。参謀としての
働きを見せる裏にある「余命の差」まで考えているところにどこか焦りを感じさせる展開。

そんな“真一”の考えを知ってか知らずか直接的に攻めるあたりが青春な“アリアン”、
奥深しい言動を見せて実にこそばゆい“セレス”、そして無垢ながら主張してくる可愛い
“リノ”と個性的なアプローチ方法で魅せてくれます。ここから1人を選ぶのは至難の業。

“アリアン”の母親に関する重要な過去の補足を経て彼女が両親にちゃんと愛された存在
であると分かり、しんみりした所で元の世界との関係も含めて選択を迫られる“真一”が
最後まで彼らしいゲスっぷりを示してくれて実に良かった。完結、おめでとうございます。

posted by 秋野ソラ at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年01月09日

『察知されない最強職3』

三上康明 先生が贈るファンタジー作品。第3巻はポーンソニア王国の陰謀に巻き込まれた
“ジルアーテ”の護衛任務に就いた“ヒカル”が彼女の種族を巡る因縁に関わっていきます。
(イラスト:八城惺架 先生)

https://herobunko.com/books/hero59/9148/


数々の種族が集まって形成される国「中央連合アインビスト」。その内の一つ、竜人族で
先代盟主の娘である“ジルアーテ”が“ヒカル”に助けられて、彼の善意あふれる言動を
目にして少しずつ心惹かれていく様子には思わずニヨニヨします。実に可愛らしいもので。

“ジルアーテ”が次の盟主を選ぶ「選王武会」に臨む、その意気込みを見て“ヒカル”が
「シルバーフェイス」としてサポートする過程で王国の陰謀、新たな強敵と対峙していく
展開でも魅せます。今巻で相対する“ゲルハルト”の立ち位置が絶妙でまた見どころです。

「ソウルボード」をどうするか悩む、“ヒカル”の心情も分かるという顛末を経て過日、
王国を騒がせた火龍の存在が大きく話を左右する、この布石に注目してほしい。そして
戦いを終えた“ジルアーテ”が選ぶ道の先に新たな希望があることを願って止みません。

posted by 秋野ソラ at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年01月08日

『モンスター娘のお医者さん5』

折口良乃 先生が贈るモン娘診察奮闘記。第5巻は妹“翠雨”が出奔してリンド・ヴルムに
向かっていると聞いた“グレン”が、原因不明な眠り病の治療と併せて対応に追われます。
(イラスト:Zトン 先生)

http://dash.shueisha.co.jp/bookDetail/index/978-4-08-631284-4


“翠雨”を探しに花街へ足を踏み入れた“グレン”を誘惑しちゃう“アルルーナ”に対し
厳しい態度で「治療」に臨む“サーフェ”と“アラーニャ”が心強い。“アラーニャ”は
こそばゆい心変わりを見せつつ、眠り病解決の糸口に繋げる絶妙な立ち位置にありました。

“翠雨”が実家を飛び出した理由、それは罹患した鬼変病のことで家族としての在り方に
悩んだ結果ということで、“グレン”が1つの見解を示すことで彼女も救っていく手腕は
お見事と言うしかなく。そして妹に対してもしっかり「治療」を施すあたりも流石でした。

今巻における一番の見所は眠り病に関する設定、置かれていた布石、張り巡らされた陰謀、
それらが巧妙に合わさって丸く収まっていく話運びと言えましょう。脱帽と言ってもいい。
“翠雨”の真意が明らかとなった際の“グレン”の様子も微笑ましく、続きが見ものです。

posted by 秋野ソラ at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年01月07日

『戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉 9』

SOW 先生が贈る街角パン屋繁盛記。第9巻は明かされた“スヴェン”の秘密を“ルート”が
どう受け止めるのか。同じく衝撃の一面を目にして悩む“ジェコブ”と併せて描かれます。
(イラスト/ザザ 先生)

http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/820.html


大事な時に傍にいてくれなかった“ブリッツドナー”にどこか諦めすら感じる“ジェコブ”。
父親としてはめっぽうヘッポコな彼にも事情があったこと、何より“シャロデ”が示す度量
の広さと子を想う深い愛情を前に歩み寄ってくれた“ジェコブ”に心から敬意を表したい。

一方、トッカーブロートに現れた“ダイアン”に散々嫌味、というか“スヴェン”に対する
心構えを問いただされた“ルート”。彼女が隠していた事を知ってもなお、彼女に変わらず
接する彼もいろいろ思う気持ちを抱えていたのが分かる顛末は必見。男を魅せてくれました。

終始、気を揉む形となった“スヴェン”にとって特別な日を迎え、ザザ 先生の挿絵による
演出も映える顛末を見せる中、歴史を裏で動かし続けてきた“聖女”の目論みが遂に牙を
剥く緊迫感の高まりに「驚天動地の九日間」はどう揺れ動いていくのか続きが気になります。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年01月04日

『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦6』

細音啓 先生が贈る王道ファンタジー。第6巻は陰謀渦巻く王宮へ向け“シスベル”の護衛
として同行する“イスカ”たちの前にいよいよ王女姉妹の長女“イリーティア”が現れます。
(イラスト:猫鍋蒼 先生)

http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=321804000871


“燐”がひた隠しにしていた劣等感すら暴き出す“シスベル”の星霊術。クーデター未遂、
その真相を必ず明らかにするであろう彼女の行動を妨げる長女“イリーティア”の怪しさ
たるや。いつみんなにひけらかしてくれるのだろう、という妙な期待感すら覚えるほどで。

“イリーティア”に足止めされた別荘にて嫉妬心を煽られまくる“アリス”の様子はもう
年頃の少女そのもので、“イスカ”とベッドでじゃれ合ったりする寝姿も可愛いのなんの。
微笑ましい一幕の裏側で“イリーティア”の抱える闇が見えてくる緊迫感を煽ってきます。

“イリーティア”が自虐的に語る自身の星霊術。故に見えてきた彼女の思い描くシナリオ。
「天帝国」「ネビュリス皇庁」という二極化した枠組みをも壊しかねない陰謀を前にして
“イスカ”と“アリス”は共闘できるか否か。女王“ネビュリス”の命運と共に注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年01月03日

『宝石吐きのおんなのこ(8) 〜微睡みの中の貴方〜』

なみあと 先生が贈るファンタジーノベル。第8巻は“クリュー”が学ぶ体験学校がある地
ヴィーアルトン市を舞台に“スプートニク”たちの眼差しがあの魔法使いへ向けられます。
(イラスト:景 先生)

https://canime.jp/product/PCZP000085153/
http://ncode.syosetu.com/n4843br/


今巻は本当に“イラージャ”がよく頑張った。“ソアラン”を助けたい一心で行動する姿、
そして彼が例のアレも務めていたと知ってもなお自身の想いを伝えた姿に敬意を表したい。
“ファンション”の件も含めていろいろ戸惑い、悩めばいいさと思わずにはいられません。

冒頭で穏やかな日常から始まった、と油断していたところで“クリュー”の心を揺るがす
“クルーロル”のあの発言。彼女の傍にいない“スプートニク”に恨みの一つも言いたく
なるのも分かる場面で、彼もまた戸惑いを隠せない状況下に置かれるのだから始末が悪い。

見慣れた地で疑心暗鬼に陥る“スプートニク”に対して怒る“ナツ”のあの姿は印象深い。
すったもんだを経て彼が辿り着いた結論、それは宝石に愛された少女の話を語ろうとする
「彼女」が示してくれると期待しつつ他にも気になる引きがあって続きが待ち遠しいです。

posted by 秋野ソラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年01月02日

『ミリオタJK妹!3 異世界の戦争に巻き込まれた兄妹は軍事知識チートで無双します』

内田弘樹 先生が贈る異世界軍事ファンタジー。第3巻は長耳種(エルフ)が“宗也”らに
同盟という名の隷属を強いてきたことを機に人類存亡を賭けた戦いに至る顛末を描きます。
(イラスト:野崎つばた 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4797398069.html


エルフガルド王国との穏やかな同盟交渉から始まったと思えば矢面に立つ“フロリナ”が
手を染めた「負の感情で威力を高める禁忌の魔法」の真実を知って憤慨する“宗也”たち。
衛星軌道からの攻撃もできる、という最大最悪の敵を前にしても心折れないあたりは流石。

とは言え決め手には欠けるということで敵の敵は味方、竜人種の“ラズ”たちと手を組む
“宗也”の鮮やかな戦略見直しや根回しも絶妙で、彼と彼女との相性も中々。“みぐ”の
悩みの種も増える、というものです。その彼女に目をつけた“フロリナ”の反撃が見所。

“みぐ”が抱える自身の、兄への想いに関する潜在的な悩みにつけこんだ“フロリナ”の
秘策に対して示した、戦争を憎しみながら戦争を愛する「めんどくさいミリオタの心境」
これをぜひ見届けてほしい。今巻で一区切りというのは惜しいですが完結お疲れ様でした。

posted by 秋野ソラ at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2019年01月01日

『妹さえいればいい。11』

平坂読 先生が贈る大人気青春ラブコメ。第11巻は“千尋”の秘密を前にして大スランプに
陥る“伊月”が時の流れに身をまかせきれず、何とか前へ進もうと模索する様を描きます。
(イラスト:カントク 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094517651


同時発売となる特装版に付くカードゲーム「妹が多すぎる。」を実際に作中でプレイした
様子が描かれていて、思わずプレイしたくなる気になりますが、相手がいないのが何とも。
そんな諸々の気分転換を図ってもまだ書けるようにならない“伊月”のもどかしさが辛い。

そんな間にも“初”と“都”が抱える想いと状況を共有したり、“千尋”の心に芽生えた
にわかな激情が処理されたり、“アシュリー”が意外なモデルであることが明かされたり
“伊月”以外の面々は状況を変動させていくのが対称的。“撫子”が何とも憐れでした。

GF文庫新人賞の受賞式で“伊月”が感じたわだかまり。それを募らせ、あの出会いを経て
ある結論に達した彼が出した結論。もちろん“那由多”が認める訳もないはずで、まさか
ネガティブに「妹さえいればいい」という結末に至らないことを願いつつ次巻を待ちます。

posted by 秋野ソラ at 01:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル