2018年06月14日

『魔術破りのリベンジ・マギア 4.絶唱の歌姫と魔女たちの祭宴』

子子子子子子子 先生が贈るハイエンド魔術バトルアクション。第3巻は魔女学園に戻った
“晴栄”たちが季節の祭典でエキシビションマッチに臨むなど、お祭り騒ぎを楽しみます。
(イラスト/伊吹のつ 先生)

http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/787.html


「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」こと ねこます 氏とも本編でコラボする
あたりは時代というか、界隈の勢いを感じます。まぁ、“狐狼丸”カワイイですからね。
冒頭で“晴栄”に釘を刺した監査官“ヴェロニカ”からの忠告も吹き飛ぶというものです。

“鴨女”の攻勢、“フラン”との再会、“露花”の転入と“晴栄”を囲む女性陣に羨望の
眼差しを向けたくなる中で、新たに「七虹の魔女」の一人“シナトラ”に目をつけられる
訳ですが……大丈夫かこの学園、という一面をも見せつけてきます。考えた先生すごいわ。

共感覚に関する相談に乗ってもらう“シナトラ”からの願いで特別実演をすることになる
“晴栄”が、その意外な戦い方に対してお祭りらしいスタイルで応じる場面が盛り上がり
を魅せます。それぞれの奏でる音色が楽しい青春の色に染まることを願って止みません。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル