2018年01月26日

『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました5』

森田季節 先生が贈る異世界アットホームコメディ。ドラマCD付き限定特装版、コミックス
第1巻も同時刊行となる第5巻は“ベルゼブブ”のスピンオフ小説も収録した一冊です。
(イラスト:紅緒 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4797392975.html
http://www.ganganonline.com/contents/slime/
https://ncode.syosetu.com/n4483dj/


“ファルファ”と“シャルシャ”が迷子になった“ベルゼブブ”の家の庭で“サンドラ”を
確保した“アズサ”。新たな家族を迎えて学校への体験入学、「魔女の家」第二弾の開催で
気難しい“サンドラ”がほだされていく所にも“アズサ”の人たらしぶりが発揮されてます。

“ベルゼブブ”の家周辺をも舞台とした今巻。彼女の家ががあんな状態だった大元の訳が
巻末の「ヒラ役人やって1500年、魔王の力で大臣にされちゃいました」で垣間見えます。
“アズサ”と似たような境遇にあった彼女が意外に良い上司ぶりを見せており好感触です。

シバユウスケ 先生のコミックスも拝読しまして、これがまた実に可愛くてキャッチーで。
“ライカ”の弟子入りする様子とか、説得されちゃう“シャルシャ”とかたまりませんね。
“ベルゼブブ”の抱き枕が販売されるまで、と言わず行ける所まで行ってほしいものです。

posted by 秋野ソラ at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル